Be the Teacher 4 – Presenters-Tokyo

町田智久 Tomohisa Machida

21世紀型スキルを取り入れた小学校英語の指導Machida sensei (lowres)

小学校英語教育では、英語の4技能だけではなく21世紀型スキルを伸ばすことが欠かせません。急速に変化する世界を生きるグローバル人材に必要なスキルを、どのように取り入れながら指導するのか、提示していきます。

講演者紹介
国際教養大学専門職大学院 准教授

東京都生まれ。信州大学教育学部を卒業し、羽村市立羽村第三中学校を振り出しに、12年間、東京都の中学校英語教師として複数の中学校に勤務。教鞭を執りながら東京学芸大学大学院にて修士号(多言語多文化教育)を取得。その後、2006年からイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校大学院へ留学し修士号(英語教授法)及び、博士号(初等教育)を取得。2011年4月に帰国して国際教養大学国際教養学部の講師を経て、2015年4月より現職。秋田県教育委員会をはじめ各自治体と協働して、教員研修を数多く実施。専門は、小学校英語教育、言語不安、教師教育。著書に『Teacher Education and Professional Development in TESOL: Global Perspectives(11章)』(Routledge)、『Explore Our World 1 指導案集』(センゲージラーニング)など。

How to integrate the 21st Century Skills into elementary English lessons.

In today’s English classes, it is essential for teachers to teach students the twenty-first century skills as well as four skills of English language. The twenty-first century skills, such as global perspective, communication skills, active learning skills, and technology skills, are indispensable to young learners in our rapidly changing world. In this workshop, practical examples of how to integrate the twenty-first century skills into instruction will be introduced.

BIOGRAPHY
Dr. Tomohisa Machida is an associate professor in the Graduate School of Global Communication and Language at Akita International University. He obtained his M.A. in TESL and Ph.D. in Elementary Education at University of Illinois at Urbana-Champaign. His research interests include elementary school English education, foreign language anxiety, and teacher education.


クマザワジョージ George Kumazawa

児童が英語で思考することの意義Kumazawa sensei (lowres)

英語の授業の中で、児童の脳をどこまで働かせることができているでしょうか。児童の思考停止を回避し、高次思考を促す工夫とその意義をワークショップの中で一緒に考えていきましょう。

講演者紹介
昭和女子大学附属昭和小学校専任講師
40歳で教育業界へ転身し、神奈川県立国際言語文化アカデミアにて高校英語教員研修(異文化コミュニケーションおよび準備型・即興型英語ディベートの講座開発・実施)および小学校教員研修(外国語活動の出前講座開発・実施)を主に担当し、その後、東京家政大学、聖光学院中学校高等学校、昭和女子大学附属昭和小学校と大学から小学校までを渡り歩き、現在に至る。小学校で教鞭をとりながら、小学校からの21世紀スキルと英語の同時習得の方法を研究中。

The significance of making “thinking” more central.

How sure are you that you are adequately engaging the inquisitive minds of your students? In this workshop, we will try to explore ways to make “thinking” more central while simultaneously feeding students with language input.

BIOGRAPHY
George Kumazawa is presently an English teacher at Showa Elementary School (attached to Showa Women’s University) where he teaches English while co-authoring a MEXT-approved textbook geared toward public elementary schools throughout Japan. To find out more about his current endeavors, follow him at facebook.com/kumazawa.work


逸見シャンタール Chantal Hemmi

CLILの授業での対話的な学びChantal res.

公立の3年生の授業でCLILの手法を使い、総合的な学習の時間と英語の学びを結び付けて、担任の先生と共にオリンピックについて行なった実例をもとに対話的学習についてお話しします。

講演者紹介
上智大学言語教育研究センター准教授
2003年にエクセター大学にてDoctor of Education in TEFL(教育学博士)を終了。ロンドン大学(IOE)ではカリキュラム研究を行う。森村学園初等部にて1年から6年生の英語コースをブリティッシュ・カウンシルのチームの一員として開発し実施する。足立区リードティーチャー・プロジェクト(小学校外国語活動)の研修に携わり、後にブリティッシュ・カウンシルのアカデミック・ディレクターを務めた。現在は上智大学で教鞭を取り、「小・中・高等学校における内容言語統合型学習の教材開発に関する実践的研究」(公益財団法人教科書研究センター受託研究)を実施中。

What does it mean to learn dialogically through CLIL?

In this talk, I refer to a case where a homeroom teacher who works at a public elementary school and I collaborated in delivering classes for a group of 3rd year children at Adachi-ku in Tokyo. I refer to literature concerning dialogic learning and reflect on our achievements and shortcomings, sharing some practical examples of collaborative lesson planning, teaching and children conducting tasks.

BIOGRAPHY
Dr. Chantal Hemmi (Associate Professor) is a teacher educator who works for the Center for Language Education and Research at Sophia University. Since gaining her doctoral degree in 2003, she led on the development of elementary curricula at Morimura Gakuen Elementary School through the British Council. She is a member of a research team funded by Japan Textbook Research Center, investigating materials development in CLIL at elementary, junior and senior high school level.

 

メインページに戻る